「フードスコーレについて」


フードスコーレってなに?

food(食)+ skole(学校) = 食の学び舎

foodskole(フードスコーレ)は、生きる上で大切な食にまつわることを学び合う場です。

「食」は命をつなぐことだけではなく、環境や社会、暮らしやビジネスなどいろいろなことに関係しています。

フードスコーレでは、「食の創造論」を基本の考え方として、「さて、どうやって食べていこう」をみんなで考えていきます。

ちなみに、「skole(スコーレ)」には「余暇」という意味も含まれているそうです。
学校とは、人生の余暇について考える場所なのかもしれません。
「食」を共に学び合うことで、人生の自由な時間をより豊かなものに。


食の創造論

食は多くの要素からなり、それらが絡み合いながら全体が部分に、部分が全体に複雑に影響しあって成立しています。その時代に合わせるスタイルで、食をどのように選択して、入手して、保存して、変換して、食べるか。これを考え続けてきたのが人間です。すなわち、食べることは「文化」そのものと言えます。

ではこの先じぶんたちは、「どうやって食べていく」べきなのでしょうか。それを捉えるためには、食を文化として学び、食にまつわるモノ・概念を自前の方法論をもって創造する必要があります。こうした食に対するじぶんの考えをまとめるのが、「食の創造論」です。


理念

「食」に夢を持つ。

これは、フードスコーレが目指す未来です。

学ぶ。行動する。夢を持つ。このことを、だれも抑制することはできません。

料理が上手になりたい。おいしいものを食べたい。環境問題を考えたい。食を通して貢献したい。動機はさまざまですが、「食」を学びたいと思うみなさんと一緒に学び合う場として、このフードスコーレを創りました。

専門家、研究者、経営者などその道のプロフェッショナルや、そこで学ぶクラスメートのみんなと一緒に行動する。そこに立場の上下関係はなく、だれもがだれかに影響を与える存在となります。
自由で創造的で、おいしくておもしろい。それが食の良さであり、文化です。実際、食を日常的にたのしんでいる人はたくさんいます。ただ食のことを知れば知るほど、たのしいことばかりに目を向けるわけにもいきません。食に関する環境問題などは避けがたいテーマであり、人 / 食 / 自然を分かつ境界線をいかに引きなおすかを、わたしたちはいま問われている気がします。そうした食にひそむ問題に、フードスコーレは新たな光を射しかけることを目指します。

食に関する話題で未来を憂えることも多くなってきていますが、フードスコーレでは、もっと「食」に夢を見る話をしたいと思います。そして「食卓」をおもしろがれる人が増えることこそ願いです。

過去を後悔することなく、未来を憂えることなく、いまある「食」を、次世代にもちゃんとパスをする。それが、いまを生きる私たちのできることです。

価値観

  • 物事を二項対立で捉えるだけではなく、自分らしい3つめの考えを選択できる。
  • 答えを即座に求めずにインプットとアウトプットを繰り返す。
  • 自前の方法論をもって食と向き合えるようになる。
  • 学ぶと同時に、教える側にもまわる。
  • 自分たちの世代で全てを解決しようとしない。
  • これからも学び続ける。学びに向かう姿勢と人間性を培う。

行動指針

  • とにかくメシを食え
    お腹が空いたらメシを食えば解決する
    考えない技術というのもある
  • 優しさと敬意をもつ
    食に向き合うのに必要な姿勢
  • 価値観を押しつけない
    食に関する考え方は人それぞれ

フードスコーレ公式note

食と向き合うことで学んだことや
感じたことを発信していきます。