「フードスコーレについて」

理念

「食」に夢を持つ。

これは、“foodskole”が目指す未来です。

学ぶ。行動する。夢を持つ。このことを、だれも抑制することはできません。

料理が上手になりたい。おいしいものを食べたい。環境問題を考えたい。食を通して貢献したい。動機はさまざまですが、「食」を学びたい、行動したいと望んでいるみなさんに向けて、食の学び舎を創りました。

専門家、研究者、経営者などその道のプロフェッショナルやそこで学ぶクラスメートのみんなと一緒に行動する。そこに立場の上下関係はなく、だれもがだれかに影響を与える存在となります。

食に関する話題は未来を憂えることが多いですが、“foodskole”では、もっと「食」に夢を見る話をしたいと思います。そして「食卓」をおもしろがれる人が増えることこそ願いです。

「食卓」をおもしろがることが、「食」に夢をもつことへの第一歩だと信じているからです。

過去を後悔することなく、未来を憂えることなく、いまある「食」を、次世代にもちゃんとパスをする。それが、いまを生きる私たちのできることです。
 

行動指針

  • とにかくメシを食え
    お腹が空いたらメシを食えば解決する
    考えない技術というのもある
  • 優しさと敬意をもつ
    食に向き合うのに必要な姿勢
  • 価値観を押しつけない
    食に関する考え方は人それぞれ

フードスコーレ活動内容

フードスコーレ公式note

食と向き合うことで学んだことや
感じたことを発信していきます。