「チームメイト」

  • 校長/フードロスクラス長
    平井 巧

    株式会社honshoku代表 / 一般社団法人フードサルベージ代表理事 / 東京農業大学非常勤講師。フードロスを考えるアクション「サルベージ・パーティ」を企画運営する一般社団法人フードサルベージ設立。食のクリエイティブチームhonshokuでは、「食卓に愉快な風を。」をキーワードに、食の教養を学ぶ場「フードスコーレ」や、「ごはんフェス」のプロデュースなどを展開中。

    #実行委員会 / #講師
  • プランニングディレクター/日本の日常食クラス長
    大森 愛

    1987年 岐阜県美濃太田で生まれる。三重大学教育学部音楽科卒業後、広告代理店の企画営業を経て、メーカー転職後は新規事業部にて商品開発からコンセプト立案、ブランディング、宣伝PRなど、開発から販売までを一貫して従事。その後、伝統工芸や地場産業のPRに特化した企業にて日本全国の職人や工房を訪ね歩き、それぞれの地域や工芸の歴史や文化、想いに耳を傾ける仕事に関わる。現在は地域ブランディングを中心に、「想いをカタチに」「朗々と暮らす」をモットーに地域のブランディングや日本の伝統工芸や食に関わる事業に携わっている。食のクリエイティブチームhonshoku所属。

    #実行委員会 / #講師
  • 授業コーディネーター/地域のみかたクラス長
    杉野 卓也

    合同会社流域共創研究所だんどり代表社員。1974年大阪府生まれ。東京農業大学大学院農学研究科林学専攻博士前期課程修了。東京農業大学多摩川源流大学プロジェクト学術研究員。地域づくりの基礎となる調査研究やコンサルタント業務に多数参加。また、東京農業大学の人材育成プログラムである、多摩川源流大学プロジェクトに2006年の立ち上げから参加している。

    #実行委員会 / #講師
  • 授業コーディネーター/地域のみかたクラス長
    矢野 加奈子

    合同会社流域共創研究所だんどり役員。東京農業大学大学院農学研究科造園学専攻博士前期課程修了。東京農業大学多摩川源流大学プロジェクト学術研究員。住民を巻き込んだワークショップの手法について研究しており、自身も様々な現場でファシリテーターやコーディネーターを勤める。Webサイトへの記事提供等も行う。

    #実行委員会 / #講師
  • フードスコーレ事務局/フードロスクラス
    門之園 知子

    1983年神戸市生まれ。北海道と京都の農学部で学んだのち、調味料メーカーや流通の品質管理機関で官能評価や機器分析によるおいしさの評価を担当。食品を「つくり」「届ける」ことに関わる中で、「届けたあと」のことについても関心が深まり、現在はサルベージ・プロデューサーとして、サルベージ・パーティの企画や開催もしている。「食卓をおいしく、たのしむ」ことを大切に、活動中。サルベージ・プロデューサー、お米アドバイザー、JSSE上級官能評価士、J.S.A. Sake Diploma。

    #実行委員会 / #チューター
  • 放送部
    地主 恵亮

    1985年福岡生まれ。2014年より東京農業大学非常勤講師。いつもオレンジ色の服を着ている。著書に「妄想彼女」(鉄人社)、「ひとりぼっちを全力で楽しむ」(すばる舎)がある。

    #実行委員会
  • 菊池 紳

    いきものCo./たべものCo.代表。 食料、農畜水産、生物資源分野を扱う起業家・投資家。農産流通プラットフォーム『SEND』の創業者として知られる。chiQ(チキュウ)/Unchained /Fermenstationなどを通じて未来デザインを手掛ける他、2020年4月より「コロナファームサポート」発起人としても活動中。グッドデザイン金賞、Forbes受賞など。

    #企画協力 / #講師
  • 稲田 浩

    「RiCE」「RiCE.press」編集長。ライスプレス代表。 ロッキング・オンでの勤続10年を経て、2004年ファッションカルチャー誌「EYESCREAM」を創刊。2016年4月、12周年記念号をもって「EYESCREAM」編集長を退任、ライスプレス株式会社を設立。 同年10月にフードカルチャー誌「RiCE」を創刊。2018年1月よりウェブメディア「RiCE.press」をロンチ。 壱岐島だけで買える漫画カルチャー誌「COZIKI」も手がける。

    #企画協力
  • 食の編集者養成クラス長
    佐藤 一成

    株式会社良品計画ソーシャルグッド事業部ローカルグッド担当。地域の活性化と社会課題の解決、空間と場の再構築を通じて新たな生活価値を事業化する部門。主に団地や豊島区の中小公園の活用を担当。1987年神奈川生まれ。2009年3月神奈川大学建築学科卒業。2009年株式会社良品計画入社、山梨県富士吉田の店舗で店長を務めたのち2015年退職し富士吉田へ移住。レストラン調理・店舗運営の経験を経て、2018年4月~現職。

    #企画協力 / #講師
  • 食の編集者養成クラス
    高田 大雅

    Foodist Link株式会社代表。ケータリング9年目、食品ロス削減のヒントを考えるイベント「サルベージ・パーティ」の公認シェフとして活動中。趣味は茶道、均整術師(整体)の資格も持つ。

    #講師 / #フェロー
  • 食の編集者養成クラス
    田中裕信

    キッチン花水木オーナーシェフ。季節の食材をふんだんに使ったお料理で一日一組の貸切レストランと、ケータリング&デリバリーサービスしているお店。富山の気候風土、地の利を生かしたその時しか食べれない、季節の料理を得意とし、食材の本質的な魅力を求め、山・川・畑・海・食材探しに日々勤しむアウトドア派な料理人。地場産直売所のコンシェルジュや、企業やお店のレシピ考案、食のイベント企画、運営、フードセレクトショップのアドバイザー経歴もあり、富山の野菜や農家、魚や山菜きのこまであらゆる食材に精通。「呼ばれた所なら何処でも料理作ります!」

    #講師
  • 日本の日常食クラス
    小池 理雄

    1971年、原宿生まれ。大学卒業後、出版社に入社し編集者として勤務。社会保険労務士の資格を取得し、人事制度コンサルティングファームに入社。父親が倒れたことをきっかけに小池精米店を継ぐ。五ツ星お米マイスター。お米マイスターユニット「東京都ごはん区」メンバー。「楽しくなければお米ではない!」を合言葉に、イベント開催やワークショップ、講演を精力的にこなす。6次産業化プランナーとして日本各地に出向いている。共著「ごはん検定公式テキスト」(実業之日本社)。 共著「お米の世界へようこそ!今日からあなたもごはん党」(経法ビジネス出版)。

    #企画協力 / #講師
  • 日本の日常食クラス
    沼田 晶一朗

    ぬま田海苔 4代目当主。前職はアパレルで実家の海苔屋へ転職。有明海産の初摘み海苔専門店として日本の伝統食である海苔の魅力を合羽橋から世界の食卓へ発信中。

    #企画協力 / #講師 / #フェロー
  • SDGsはじめましたクラス長
    こくぼ ひろし

    ひとしずく株式会社 代表/一般社団法人ソーシャルグッド 代表理事/CHART project® 主宰。社会課題解決に取り組む⼈を後⽅(広報)で⽀えるPR コンダクター。「伝えない広報」を提唱し、ソーシャルグッドのインフラづくりに取り組む。

    #企画協力 / #講師
  • SDGsはじめましたクラスファシリテーター
    すずき たかあき

    1981年生まれ。茨城県水戸市出身株式会社カゼグミ代表取締役。茨城移住計画共同代表。ファシリテーションとソーシャルザインの企画・プロジェクト進行を軸に、「移住」「SDGs」「複業」をテーマに事業をサポート。他、Think the Earth推進スタッフ、一般社団法人WorkDesignLabパートナー、BUKATSUDO 鍋部部長・おみやげ部部長、他。

    #企画協力 / #講師
  • 地域のみかたクラス
    金藤 正直

    法政大学人間環境学部 教授。1974年広島県生まれ。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科企業システム専攻博士後期課程修了。東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻産学官連携研究員を経て、弘前大学人文学部の専任講師、准教授を歴任。2014年4月から法政大学人間環境学部准教授、2019年4月からは同学部教授となり、現在に至る。地域の人たち、自治体、企業と積極的に関わり合い、地域経済を活性化させるための研究や調査に精力的に取り組んでいる。

    #講師
  • フードロスクラス
    荒井 里沙

    1992年東京生まれ。企業の廃棄物処理コンサルタントを経て、等身大でできる持続可能な社会のためのアクションを発信中。「食」のストーリーを知ること、伝えること、そして食べることに目がない。530week所属。

    #講師 / #フェロー
  • フードロスクラス
    銭本 慧

    合同会社フラットアワー代表。1984年3月大阪府吹田市生まれ、兵庫県明石市育ち。長崎大学水産学部卒業 東京大学大学院新領域創成科学研究科自然環境学専攻博士後期過程修了(環境学博士)。 2015年4月に長崎県対馬に移住 2016年4月に合同会社フラットアワーを起業し、持続可能な新しい漁業スタイルの確立に挑戦。

    #講師
  • SDGsはじめましたクラス
    Satoko Ekberg

    株式会社ワンプラネット・カフェ代表取締役社長。サステナビリティ関連のコンサルティング、講演、ワークショップを企業、団体向けに行う。ペオ・エクベリとともに、ザンビア(アフリカ)、インド、欧州でのバナナペーパー事業を推進。具体的なアクションづくりに注力する。

    #講師
  • SDGsはじめましたクラス
    Peo Ekberg

    株式会社ワンプラネット・カフェ取締役/サステナビリティ・プロデューサー。スウェーデン出身。サステナビリティ、持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みで世界トップのスウェーデン出身。日本全国での講演、ワークショップや、スウェーデン視察ツアーを実施し、企業や団体の具体的なサステナビリティ推進を支援している。

    #講師
  • SDGsはじめましたクラス
    高木 超

    慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教/国連大学サステイナビリティ高等研究所/いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット リサーチ・アソシエイト。1986年東京都生まれ。NPO等を経て、2012 年から神奈川県大和市役所の職員として住民協働等を担当。17年9月に退職し、渡米。クレアモント評価センター・ニューヨークの研究生として 「自治体におけるSDGsのローカライズ」に関する研究を行うほか、国連訓練調査研究所 (UNITAR)とクレアモント大学院大学が共催する「SDGsと評価に関するリーダーシップ研修」を日本人で初めて修了。2019年4月から現職(国連大学は2019年9月着任)。鎌倉市SDGs推進アドバイザー、能登SDGsラボ連携研究員のほか、ミレニアル世代を中心にSDGsの達成に向けて取り組む団体SDGs-SWYの共同代表も務める。著書に「SDGs ×自治体実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法」(学芸出版社)。

    #講師
  • 岸本 華果

    1996年生まれ。東京大学農学生命科学研究科農学国際専攻修士1年。途上国の貧困問題に食からアプローチしたいと勉強していく中で、フードロスへの関心が高まる。 フードロスも含めた様々な問題の根底には生産と消費の分断があり、農業を通して消費スタイルや暮らしをより良いものにしたいと考えるようになった。 大好きな農業で社会に貢献する人になれるように勉強中。

    #フェロー
  • 長嶋 愛

    発酵ライフアドバイザープロフェッショナル/フードコーディネーター/サルベージプロデューサー。主に旅行を通じたサービス業と付随する人材育成に携わる中で、食が自分のパフォーマンスに大きなウエイトを占めているという自身の感覚に気づく。自治体や企業のワークショップでは、食を楽しむことから生まれる新しい気づきを伝えている。

    #フェロー
  • 木幡 雪絵

    フードコーディネーター/野菜ソムリエ/季節の手しごとを楽しむワークショップ瓶詰部部長。食品メーカー2社を経て、現在はフリーランスで企業向けのレシピ提案、商品づくりなどに携わっている。食をテーマに、ふだんの暮らしのなかにあるちいさな喜びをさがして、ゆるゆるとたのしく、おいしく活動中。

    #フェロー
  • フードロスクラス
    桑原 慧

    1997年生まれ。今春大学を卒業し、現在は日立製作所に勤務。スローフードユースネットワークに所属。学生時代は主にフードロス問題に関心を持ち、イベント企画や登壇していた。食べること大好き。食とひとと地球の関係性に関心がある。

    #チューター
  • フードスコーレ事務局/フードロスクラス
    玉木 春那

    1999年生まれ。立命館大学経営学部4年生、デザインマネジメントを研究。フードロスの現状にショックを覚えたことから、食とサステナビリティを軸に取り組んでいる。食の背景にある物語や思想が伝わらないことに課題意識がある。食べることでサステナビリティに繋がるような生産と消費の関係性を模索したい。そして食に様々な視点を混ぜながら、次の食のカルチャーを作っていきたい。

    #チューター
  • 渡邊 夢乃

    1998年生まれ。創価大学理工学部4年、環境理工学を専攻。株式会社honshokuインターン生。6年間所属したディベート部(討論を行い審判の投票で勝敗が決まる競技)でドギーバッグ論題を扱い、食品廃棄物問題と出会う。同世代の友人よりちょっとレトロな両親(父は板前)のもとで育まれた感性で、食の問題と向き合う。需要と供給の不均衡を是正して、みんながしあわせに「いただきます」を言える世の中をつくることが目標。

    #チューター
  • フードロスクラス
    樋口 彩加

    法政大学3年。国際・国内ボランティアに参加した際に食の背景について知り、フードロスに興味を持ち、作り手と買い手をつなげたいと考える。現在は、社会貢献をしたい学生の想いを支えるコミュニティや社会課題を解決するヒントになるイベント等を運営。自然と人が関わる空間を作るために模索中。

    #チューター