学生限定!世界食料デー月間2020 スペシャル授業 私が『飢餓・フードロス・食料問題にできること』

「飢餓」や「食料問題」を考える「世界食料デー月間」の10月。
私たちができることとは一体何でしょうか?

「フードスコーレ」が掲げるのは、一人一人が食と向き合い、その先にどう行動するかを自分で考えられるための学び場であることです。

フードスコーレ実行委員のもと、学生のみなさんと一緒に考える 2 日間のスペシャルな学び場を開催します。

DAY1では「NPO 法人ハンガー・フリー・ワールド(HFW)」から講師をお招きし、課題領域に関する基礎的な知識についてお話しいただきます。講師はHFW 広報・資金調達部門マネジャーの田中さんと、HFWユース・チームのみなさん。HFWの活動目的や役割、「食料問題」とは一体何なのか、なぜ起きるのか、何が課題なのか、など、食料問題の全体像についてお聞きします。そして、フードスコーレファシリテーターの矢野と一緒に、ワークショップを通して、みんなで「飢餓」「フードロス」などの食料問題の関係性を可視化し、どう取り組んだら良いのか、自分にできること、できないことは何か、を考えていきます。

DAY2では、DAY1に可視化した内容を踏まえ、参加者のみなさんが食料問題に対して自分で「できる行動」を発信することを目指します。ひとしずく代表のこくぼさんに「伝え方」「実行にうつす方法」をレクチャーしていただきながら、「自分の取組む行動」を考え、宣言しましょう。宣言方法についても、「できる行動」に移せるよい方法を一緒に考えます。

実際にどうやって社会に対して行動を起こしていけるのかを学ぶ場になります。

2日間楽しみながら、しっかり考えてみましょう!

◯この講義のポイント
・なぜ「食料問題」がおきるのか?
・そもそも食料問題とは何なのか?
・なぜ起こるのか?なぜ考えなければいけないのか?
・「飢餓」「フードロス」など食料問題の関係性とは?
・できる行動、できない行動とは何だろう?

同世代の学生たちと刺激し合って、実際のアクションを発信しましょう!

ハンガー・フリー・ワールドについて

1984年に設立。日本に本部をおき、バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダの5カ国で活動。人々の「食料への権利」が実現されている状態=飢餓のない世界をつくるために地域開発、アドボカシー、啓発活動、青少年育成の四つの活動で飢餓の根本的な解決を図っている。

ハンガー・フリー・ワールド ユース・チームについて

15歳から24歳の青少年が、飢餓や食料問題の解決を目指してアジア、アフリカの5ヵ国で活動。日本では約70名が所属し、啓発活動を同世代から小学生、大人まで幅広い世代に向けて飢餓や食料問題を伝え、課題の解決に向けた行動を促している。これまでの活動が評価され2020年、公益財団法人社会貢献支援財団 第54回社会貢献者賞を受賞。オンラインワークショップや開催や、SNSでの発信などコロナ禍でも啓発活動を精力的に継続している。

フードスコーレについて

生きるうえで大切な食にまつわること。環境、フードロス、農業、料理、経済、食文化、食の循環などのテーマについて考え、食についての教養を身につける実践の場として2020年4月にスタート。会社や学校や環境に左右されず、食を媒体にして「自分の生き方」について考えるきっかけづくりをしている。現在、オンライン講義やイベント、食を生業としている人を中心にゲストに招き対話するyoutube配信、読み物としてのnoteでの連載等を行なっている。

スケジュールと内容

DAY1 2020 年 10 月 22 日(木)19:00~21:00 「インプット」(18:45 より入室可能)
テーマ:HFW について、食料問題について知ろう!

DAY2 2020 年 10 月 25 日(日)13:00~15:00 「アウトプット」(12:45 より入室可能)
テーマ:実際に行動しよう!
各自で、できることをポスターや言葉などにして宣言しましょう。

本クラスは、全2回のオンライン講座(zoom)になります。
いずれの日程も、開始15分前から入室可能です。
接続方法は、お申込みいただいた方に別途ご案内いたします。

ーー

◯講師

田中梨佳
(特活)ハンガー・フリー・ワールド 広報・資金調達部門マネジャー。中学校の課題で飢餓について調べ、HFWの青少年組織ユース・エンディング・ハンガーを知る。14歳から活動に参加し、「飢餓が若者を終わらせるのではなく、若者が飢餓を終わらせよう」というスローガンのもとボランティアを続ける。2000年から6年間HFWで職員として国内活動を担当。その後4年間、鹿児島で飲食業に従事。2011年から事務局次長としてHFWに復帰し、昨年より現職。2児の母。

こくぼひろし
ひとしずく株式会社 代表、一般社団法人チャートプロジェクト 理事、一般社団法人RELEASE; ディレクター。 社会課題解決に取り組む人を後方(広報)で支えるPRコンダクター。「脱炭素(カーボンフリー)」の社会デザインに取り組む。


◯ファシリテーター

矢野加奈子
フードスコーレ実行委員会メンバー。合同会社流域共創研究所だんどり役員。東京農業大学大学院農学研究科造園学専攻博士前期課程修了。東京農業大学多摩川源流大学プロジェクト学術研究員。住民を巻き込んだワークショップの手法について研究しており、自身も様々な現場でファシリテーターやコーディネーターを勤める。Webサイトへの記事提供等も行う。

クラス概要

日時
10 月 22 日(木)19:00~21:00 
10 月 25 日(日)13:00~15:00 
全2回の講座です。
終了時間が多少過ぎる場合もございます。

場所
zoomでのライブ授業を予定しています。
くわしくは、メールにて直接ご案内いたします。

参加費
無料

参加条件
学生のみ(高校生、大学生、短大生、大学院生、専門学生)
団体での参加も大歓迎です。

定員
10 名 ほど

応募日程
9月25日(金)〜10月21日(水)18:00まで
*定員に達したため、応募を締め切りました。

お申し込み方法

*定員に達したため、応募を締め切りました。

チケットサービス「Peatix」よりお申し込みください。
こちらをクリックください。
お申し込みされた方に、後日、ご案内のメールを送らせていただきます。

問い合わせ

Mail school@honshoku.com
株式会社honshoku フードスコーレ実行委員会

[共催]
株式会社honshoku
NPO 法人ハンガー・フリー・ワールド

[企画協力]
合同会社流域共創研究所だんどり
ひとしずく株式会社