オンライン講座 食をとおした地域のみかた入門クラス 第1期 7/16〜9/17(全5回)

2020.06.30#クラス / #online

〜自分の暮らしと地域のつながりを考えるワークショップ〜

流域というつながりの視点をとおして、暮らしや食の問題を自分事として考え行動できる人を養成するクラス

【食を通した地域づくりの考え方入門編】

この講義では、食を通した地域づくりや暮らしの改善などをやりたいけど何をすれば良いのか、どこから手をつけて良いのかさっぱりわからないという皆さんを歓迎します。まずは自分の身近な暮らしのなかで理想や課題を見つけ、そのなかで何を学べばよさそうか、どうやって活動を広げれば良いかについてみんなと一緒に考えませんか?

この講座で言う地域とはいわゆる田舎や都市部以外の郊外、地方のことではありません。私たちの暮らしにかかわる範囲を地域とします。「地域」には自然、文化、経済など様々な視点があり、捉え方も考え方も多様です。そこでこの講座では「流域」という繋がりの視点を活用しながら「地域」とは何かを考える練習を皆さんと行います。
*この講座はあくまでも考え方や学び方、仲間を見つけるための入門講座です。

クラス長から

みなさんは食や地域への関心はお持ちですか? 

私が食や地域に関心を持ったきっかけは、自分の住む地元が大好きだからです。私は千葉県の浦安市と言うところに住んでいます。昔は漁師町として栄えた場所ですが、現在では市の面積のほとんどが埋立地で、都心のベッドタウンとして発展しています。

この街はとても美しく、大きな病院、マンション、たくさんの飲食店、工場、アミューズメントパークもあり、少し歩けばコンビニもスーパーもなんでも揃っています。東京にも近いので人口も多く、若者や家族が多いので活気もあります。

しかし、この街には食料を生産する農地がありません、自然も人工的な公園しかないし、海は多くが眺めることしかできません。確かにスーパーでなんでも買うことはできるけど、多くの住民が、食品等の生きることに直結するものを自分たちで創り出す力はないのです。東京近郊ならそんな街はたくさんあって、当たり前の話かもしれません。でも、私はとっても怖いことだと思います。

仕事で農山村に行き、農産物の生産地や自然とともに生きる人たちに出会うたびに、自分が住んでいる大好きな街や私が、なんでもあって便利だけど、本当に大切な生産力や生きる力のようなものをなにも持っていないことに気づくのです。

私の大好きな浦安が、今後急に農地を増やし生産を始めることはとても難しいと思います。しかし、農地を持っている地域とつながり、ただ受けとるだけでなく支え合うことはできます。そのために様々なつながり方を持っておくことも必要です。

他の地域に関心を寄せ考えることは、決して他人事で難しいことではありません。例えば、つながりのある地域の食材を使い続ける飲食店を応援することや、スーパーで地元近郊産の野菜を買うということでもいいのです。その小さな行いが地域を変えるきっかけになっていくのだと思います。

私たちが、自分ごととしての考えが及ぶのは、せいぜい徒歩15分圏内くらいの生活です。これがどうあってほしいか?まずはそこから考えることで、自分の世界も行動もきっと広がります。

スケジュールと内容

DAY1 7月16日(木)20:00-21:30「オリエンテーション」
この授業がどのように進むか、どのようなことを考えるかについてオリエンテーションを行います。また、皆さんからも授業で知りたいことやみんなで考えたいことをお聞きします。

DAY2 7月30日(木)20:00-21:30「自分の地域を考える、地域マインドマップを作ろう」
食を通した地域づくりなど、地域でなにかしたいと思った時、まずは自分が今住んでいる地域など身近なところから考えることが重要です。自分の地域にはどのような課題、理想があるのか、まずはみんなでそれらを考える訓練をしましょう。この回はワークショップ形式で行います。

DAY3 8月13日(木)20:00-21:30「目標達成に必要な要素を考える」
第2回目で行ったワークショップ結果をもとに、自分たちが考える理想の地域にするには、どのような課題や、クリアすべき目標があるのか考えるワークショップを行います。

DAY4 8月27日(木)20:00-21:30「「自分の地域での行動指針を考える」
前3回のワークショップで作成した成果をもとに、自分の地域づくりの行動アイデアを発表しましょう。一緒に受講している仲間や、ゲスト講師とともに、そのアイデアをブラッシュアップしていきます。また、みなさんのアイデアづくりの参考になりそうな講義を行います。
*ゲスト講師は皆さんの授業内でのアイデアなどをお聞きして、お呼びします。

DAY5 9月17日(木)20:00-21:30「地域で行動するために」
最終日。皆さんの地域での行動アイデアを短期、中期、長期で確認し、実際にどのように行動するかを考え、発表します。参加している仲間と意見交換しながらより良い自分の地域づくりにつなげていきます。

本クラスは、全5回のオンライン講座(zoomとYouTube)になります。
接続方法は、お申込みいただいた方に別途ご案内いたします。
欠席される場合も、受講者限定の録画配信をご案内します。

Ex.1 希望者のみ  9月24日(木)20:00-22:00 参加無料
「(オンライン)意見交換会・企画会議」 (担当:矢野、杉野)
全5回で仲良くなったみんなで打ち上げをしましょう!仲間がいると、地域づくりのスピードは速くなりますよ!(参加を希望する方のみで参加費はかかりません)
*こちらはオンライン懇親会なので、参加費用は無料です。参加は希望者のみです。

ーー

◯こんな方におすすめです
・食をとおした地域づくりを何かしたいけど、何をすればいいのかわからない人
・今住んでいる地域をもっとよくしたい人
・ワークショップ(作業したり話し合いをする)を体験してみたい人
・地域活動を一緒に行う、仲間が欲しい人
・「流域」などの地域を見るのに役立つ様々な視点、つながりの感覚を身につけたい人
・みんなでモヤモヤしながらも考えたり、考えを分類するのが好きな人

◯キーワード
・自分の住んでいる地域を考える
・「流域」という概念で「川上」→「川下」を改めて考える
・自然のつながり、暮らしのつながり、モノのつながりを考える→「流域」の概念を入れると考えやすくなり練習に最適です
・地域づくりや食の問題を「究極の自分ごと」にする

○学び方
・ワークショップを主体にした講義形式で、参加者の皆さんと一緒に「住んでいる地域の見方」「関連する地域の紹介」「地域のつながり」など、様々な視点を養います。また、参加者同士が意見を出し合うことで、一人では考えるのが難しいことをみんなで考えます。
・講座は超入門編です。初心者に合わせた授業作り、進行となります。
・授業内容が、授業深度によって変更またはみなさんの要望で変わることもあります。
・クラス長が関わった様々な地域もご紹介しますので、お楽しみに!

このクラスの成果物
食をとおした地域づくりにかかわる各自の行動指針。
毎回、各自のアイデアなどをプレゼンテーション(発表)していただきます。
講義内の様子はウェブ上に記事として公開予定です。

 ○クラス長

合同会社流域共創研究所だんどり
地域づくりを中心に、調査、研究、プログラム作りなどをお手伝いする会社です。様々な地域で住民とのワークショップを行い、地域づくりのお手伝いをしています。
山梨県小菅村/岩手県一関/佐賀県みやき町/群馬県川場村/神奈川県平塚市/石川県輪島市/神奈川県伊勢原市 他多数自治体での活動

◯ファシリテーター

杉野卓也(すぎのたくや)
合同会社流域共創研究所だんどり代表社員。1974年大阪府生まれ。東京農業大学大学院農学研究科林学専攻博士前期課程修了。東京農業大学非常勤講師。地域づくりの基礎となる調査研究やコンサルタント業務に多数参加。また、東京農業大学の人材育成プログラムである、多摩川源流大学プロジェクトに2006年の立ち上げから参加している。

矢野加奈子(やのかなこ) 
合同会社流域共創研究所だんどり役員。東京農業大学大学院農学研究科造園学専攻博士前期課程修了。東京農業大学非常勤講師。住民を巻き込んだワークショップの手法について研究しており、自身も様々な現場でファシリテーターやコーディネーターを勤める。Webサイトへの記事提供等も行う。

クラス概要

日時
7月16日(木)20:00-21:30
7月30日(木)20:00-21:30
8月13日(木)20:00-21:30
8月27日(木)20:00-21:30
9月17日(木)20:00-21:30
全5回の講座になります。
回によっては休憩をはさみます。また終了時間が多少すぎる場合があります。
欠席される場合も、受講者限定の録画配信をご案内します。

受講条件
・年齢制限はございません
・PC、スマホ、タブレットなどの通信機材とネット通信がご用意できる方

定員
15名

場所
基本は、zoomとYouTubeでのライブ授業を予定しています。
くわしくは、メールにて直接ご案内いたします。

受講料
一般:10,000円(税込)
学生:7,000円(税込)
*主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。

応募日程
2020年6月30日(火)〜7月15日(水)23:00まで
*定員に達し次第、募集を締め切ります。

特典
Facebook非公開グループご招待
クラスメート限定オンラインイベントへのご招待

お申し込み方法

チケットサービス「Peatix」よりお申し込みください。
こちらをクリックください。

問い合わせ

Mail school@honshoku.com
株式会社honshoku フードスコーレ実行委員会

[運営団体]
・企画・製作・運営
株式会社honshoku

・企画協力
合同会社流域共創研究所だんどり
いきものカンパニー
ライスプレス株式会社
キッチン花水木
フーディストリンク株式会社
ひとしずく株式会社
株式会社カゼグミ