5/27(水) フードスコーレ特別講義 流域学を学ぶ〜地域をつながりで考える〜 講師 杉野卓也・矢野加奈子(流域共創研究所だんどり)

みなさんは、「地域」と聞くとどのようなことをイメージするでしょうか。住んでいる土地や場所、野菜などの生産地、山、いろいろなイメージがあると思います。

この講義では、「地域」とはどのようなものか? 魅力ある地域とはどのようなものかなど、「地域」をキーワードにして、わたしたちの暮らしや食とのつながりについて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

今回はそんな「地域」の見方や、その中の「流域」というつながりについても事例をもとに見て行きましょう。

<講義のポイント>
・そもそも地域とはなにか
・地域を要素と構造で見る
・様々なつながりで地域を見る
・食と地域のつながりについて考える
・地域づくりとは何か、なぜ必要なのか考える

生活や地域を良くするためには、一人一人が地域やコミュニティに様々な形で関わることが大切です。地域と関わるときの基本的な考え方や視点を一緒に学び、考えましょう。

開催概要

フードスコーレ特別講義 流域学を学ぶ〜地域をつながりで考える〜
日時 2020年5月27日(水)20:00-21:00ごろ
Youtube配信
主催 フードスコーレ実行委員会

参加方法

Youtube配信で行います。下記をクリックいただくと、開始時間である20:00からご覧いただけます。アカウント登録されていれば途中で感想などコメントいただけます。ぜひ思ったことをコメントください。SNSでの質問や感想も大歓迎です!「#foodskole」とつけてコメントください。今後こんな話聞いてみたい!という内容もお待ちしています。

こちらにアクセスください。YouTubeにとびます。

プロフィール

講師
杉野卓也
合同会社流域共創研究所だんどり代表社員。1974年大阪府生まれ。東京農業大学大学院農学研究科林学専攻博士前期課程修了。東京農業大学多摩川源流大学プロジェクト学術研究員。地域づくりの基礎となる調査研究やコンサルタント業務に多数参加。また、東京農業大学の人材育成プログラムである、多摩川源流大学プロジェクトに2006年の立ち上げから参加している。
矢野加奈子
合同会社流域共創研究所だんどり役員。東京農業大学大学院農学研究科造園学専攻博士前期課程修了。東京農業大学多摩川源流大学プロジェクト学術研究員。住民を巻き込んだワークショップの手法について研究しており、自身も様々な現場でファシリテーターやコーディネーターを勤める。Webサイトへの記事提供等も行う。

お知らせ

今回は特別講義のため参加料は無料です。その他発生する費用は一切ございません。通信費は各自ご負担ください。

問い合わせ
Mail school@honshoku.com
株式会社honshoku フードスコーレ実行委員会 宛